2007年07月29日

スイッチグラスの燃料としての可能性は大!

全米科学アカデミー会報では、生物燃料の可能性についてはさほど難しく考えていないようだ。

スイッチグラスのような高セルロース性植物を使用してより多くの燃料を産出する考え方が支持されている。

これは他の科学者らが提唱するアプローチである。


スイッチグラスや同様の植物は、食物用に育てられたとうもろこしなどの作物と同等の量を利用しても、
より多くのエネルギーを産出できる可能性を有する。

さらに高セルロース性植物は、肥料を必要としないうえ、そもそも食料として利用するには適していないために、
燃料として使っても食料供給に影響を及ぼすことがない。

これらの燃料用植物はまた、あまり多くの水を与えなくても育つため、
作物を育てるには乾燥し過ぎている土壌でも育成できると考えられている。

またこれらの植物から作られた燃料は、とうもろこしエタノールや大豆ディーゼルと同様に、
標準的な自動車の燃料と比べると、排気ガスの排出量が少ない。


CNET Japan ニュース より
posted by ちゃぱ at 21:20| スイッチグラスとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイッチグラスはバイオ燃料にもなり、砂漠の緑化にも役立つ。

現在、地球温暖化防止の切り札的存在ではないかと思われているバイオ燃料。

でも、バイオ燃料を普及させるには、
植物のセルロースを使ったエタノール製造が前提条件と言われています。

トウモロコシや大豆という食料をエタノール燃料にしてしまうのは、
世界中の飢餓に苦しむたくさんの人たちがいる事を思うと心が痛みます。

スイッチグラスのような雑草をエタノール燃料に出来るのであれば、
より有効的なのではないでしょうか。

また、スイッチグラスはバイオ燃料として利用されるだけでなく、
非常に乾燥に強いため、砂漠の緑化にも一役買う存在になりそうです。
posted by ちゃぱ at 20:51| スイッチグラスとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スイッチグラスってどんな植物?

スイッチグラスとは多年生のイネ科の植物で、
乾燥に強く、肥料もほとんど必要としない強靭な自生植物・・つまり雑草です。

スイッチグラスは、セルロースの量が大変多く、
エタノールの原料となるバイオマスとして、大変適しているようです。

またスイッチグラスは乾燥に強く肥料も少なくていいので、
トウモロコシなどより栽培に手間もかからず、
たくさんの収穫量が期待できます。

1エーカー当たりのエタノール収率はトウモロコシの2〜3倍にのぼるそうです。

さらに条件の悪い土地でも収穫できるだろうから、
耕地と森林をエネルギー作物の生産に使わなくてすむ、という利点もあります。

スイッチグラスがこれからの地球の救世主になるかも知れませんね。
posted by ちゃぱ at 15:57| スイッチグラスとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

スイッチグラスを連呼するブッシュ大統領

ブッシュ大統領が何度も口にしたスイッチグラス。
スイッチグラス、スイッチグラス、スイッチグラス・・・
何度も連呼している。

スイッチグラスとは何か?

バイオエタノールの原料になるんだとか・・・。
トウモロコシなどの代わりとして注目されているらしい。

また、砂漠の緑化にも一役買う存在なんだとか・・・。


そこの所をもっと詳しく調べていきたいと思います。

posted by ちゃぱ at 00:44| スイッチグラスとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。