2007年07月29日

スイッチグラスってどんな植物?

スイッチグラスとは多年生のイネ科の植物で、
乾燥に強く、肥料もほとんど必要としない強靭な自生植物・・つまり雑草です。

スイッチグラスは、セルロースの量が大変多く、
エタノールの原料となるバイオマスとして、大変適しているようです。

またスイッチグラスは乾燥に強く肥料も少なくていいので、
トウモロコシなどより栽培に手間もかからず、
たくさんの収穫量が期待できます。

1エーカー当たりのエタノール収率はトウモロコシの2〜3倍にのぼるそうです。

さらに条件の悪い土地でも収穫できるだろうから、
耕地と森林をエネルギー作物の生産に使わなくてすむ、という利点もあります。

スイッチグラスがこれからの地球の救世主になるかも知れませんね。
posted by ちゃぱ at 15:57| スイッチグラスとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。