2007年08月02日

スイッチグラスは黄砂もくい止める。

黄砂とは、中国の西北地域やモンゴルの砂漠化した場所から舞い上がった細かい砂が、
偏西風に乗って日本まで飛んでくるものです。

この黄砂の飛んでくる回数や量が年々増えてきており問題になっています。

なぜ、年々増えてきているのでしょうか?


黄砂の発生地である中国の西北地域では、2千年前から人口が急激に増加し、
人々は木を伐り畑を作ったため砂漠化が進み、黄砂が舞い上がっています。

またモンゴルでは、放牧生活から定住生活に変わってきて、
多くのカシミヤヤギが飼育されるようになってきました。
その結果、草原の一部が裸地化して黄砂が舞い上がっています。


それではこの黄砂をくい止める事はできるのでしょうか?


研究者たちは、世界中から集めた2万種の植物を研究した結果、
スイッチグラスというイネ科の雑草を生育させると、
黄砂の飛ぶ量がたいへん少なくなることを発見しました。

スイッチグラスは黄砂をくい止める役割もあり、あらゆる面で地球の救世主になりそうです。

posted by ちゃぱ at 21:51| スイッチグラスとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。